Music House OOZ

音楽をより楽しむためのバンドメディア

ハンアンコタ、良過ぎん??

ハンアンコタ、良過ぎん??

この事実を皆さんに知ってもらうためだけにブログを書こうと決めました。

 

ということで、始めていきますよ!

 

まずそもそもですけど。

 

ハンアンコタとは…?


バンド名?曲名?人?造語?
よくわからんですよね。

説明しよう!

ハンアンコタとは!

日本のロックバンドALが今年2018年1月17日に発売したフルアルバム
「NOW PLAYING」

AL「NOW PLAYING」
の11曲目に収録されている曲です。

 

 

ALとは!

僕がオススメするロックバンドです。


以下概要
ALは元andymoriのメンバーに加え、もともとandymoriのVo.Gtの小山田壮平さんと親交が深かったシンガーソングライターの長澤知之さんを加えて結成された4人組のバンド。

もともとシンガーである小山田壮平さん、長澤知之さんに加えてandymori時代からコーラスをしているBa.の藤原さんにDr.の後藤さんも加えてコーラスをしています。
Vo.2人のソングライティング力に加えて、曲中でメインボーカルが変わることで曲中で感じる色が変化していったり、全員が歌を歌うことで重厚なコーラスワークが楽しめる所などがALのイイところ!

AL|今、“喜び”を鳴らしている

出典:https://natalie.mu/music/pp/al02

ですよね?


そのALの曲。
ALの中でもオススメの一曲。
それがハンアンコタです。
ハンアンコタ…?
これマジでどういう意味なんでしょうね。
教えてエラい人!
マジで知ってる人はラインしてください。笑

 

←親切な方に教えて頂きました。長澤さんの子供の名前ハンナ、アンナ、コタロウからとったみたいです。コメントありがとうございます。

 

ということでALのハンアンコタのPVあげときます。
NOW PLAYING!!

www.youtube.com


はい。本題に入りましょう。
ハンアンコタ。どうでしたか。
良くない?
めっちゃ良くない?
特に言うなら、歌詞、歌詞がめちゃくちゃ良くない?

 

疑問符はもう良いですよね。
そうなんです。歌詞です。
歌詞が良いんです、この曲は。
圧倒的に。

 

応援ソング。

ド直球で背中を押してくれる。辛い時、苦しい時に前を向かせてくれる。
この曲はそういった応援ソングに分類されると思います。

それでは、歌詞考察をしていきます。

 

ハンアンコタ/AL

作詞作曲 小山田壮平/長澤知之

 

歌詞考察

キラキラが途絶えちゃう理由を知ってるかい
悲しくても泣けなくなるんだ
ワケわかるかい?

 

どうしようもなく悲しい時、悲し過ぎて涙も出ない瞬間ってきっとありますよね。

こんなのワケわかんねえよって言いたくなるような。

でも結局、どんなに辛くても悲しくても、そのマイナスの感情をプラスに変えられるのは自分自身だけ。

 

だから今を楽しんで、夢を描いて

 

だから自分で、
今を楽しむ。夢を描く。

この部分が、この曲の最大のテーマだと思います。

 

夢を描けば、きっと前を向ける。

前を向けばきっと今が楽しくなる


この歌は、そんな当たり前だけど、他の何よりも大切なことに気付かせてくれます。

 

そして夢を描く、明るい未来を描くことは、他の誰でもない、自分のためです。自分の人生をより楽しんで生きていくためです。

 

きっと君は未来が好きなはずだから
うつむかないでbaby 君のために

 

だからALは、他の誰のためでもなく"君のために"とハッキリ歌っています。
聴いているあなたに向かって歌われる、直球の応援ソング
こんな優しい歌ってそうそうないですよね。


ここまでが長澤知之さんパート。

ここからが小山田壮平さんパート。

 

そして歌詞考察は続きます。

 

青空は暮れていくんだ何故だかわかるかい
どうしてあの星だけ赤いのか知ってるかい

 

この世界には、分かることも分からないこともたくさんあります。
地球が回るから青空は暮れる。
あの星だけが赤く見えるのはなんでなんだろうな。

でも分かってることをひけらかすのではなく、分からないことを恥じるのではなく、

 

分かったところでどうにもならないことだね

 

と素直に認める。

そしてだからこそ、

 

真っ白に楽しんで 夢を描いて

 

と歌います。
まるで子供の頃みたいに、何事も真っ白に楽しむ。夢を描く。
多分これが、人生を何より楽しむ方法なんですよね。

これ、小山田壮平さんが歌うと更に胸に刺さりますね…
めちゃくちゃ良い…

 

で、最後になるんですけど、この歌詞。

 

きっと君にも色々とあるだろうけど
めげないでいこうぜって僕は歌う

 

僕はこの歌詞が1番好きです。
圧倒的に好きです。
その証拠に、僕は駅まで向かう道の途中でハンアンコタのこの部分を聴いて、人前にも関わらず号泣してしまった過去があります。
しかも2回。情緒不安定か。
今年で23にもなるのに〜😉💦


でも泣いたのにはちゃんと理由があってですね。

 

個人的な話ですけど、僕は今ある病気で学校を休学しています。
その病気の影響で、今まで当たり前だったことが出来なくなったり、付きまとう痛みで余裕がどんどん無くなったりしています。
でも周りの人はそんな事何も分からない。

誰にも分かってもらえない。
当たり前ですけどね。

 

でも、ハンアンコタのこの歌詞を聴いた時に、そんな自分を分かってもらえた気がしたんです。

 

きっと君にも色々とあるだろうけど

 

この歌詞で、本当に自分の痛みが分かってもらえた気がして。

 

めげないでいこうぜって僕は歌う

 

この歌詞で、本当に勇気付けられて。


こんなん号泣しますわ。当たり前だ。
俺を舐めるな。

 

 

 

ということで、ハンアンコタには誰もが抱える辛さや苦しさを理解する優しさと、それも含めて背中を押してくれる強さの両方があると思います。

ハンアンコタ、良過ぎますね。

 

 

病気だったり怪我だったり人間関係だったり、僕らの悩みのタネなんて本当に至るところにあるけれど。

でもこの曲は、それを抱える君が少しでも前を向くための手助けをしてくれる。

と僕は思う。

 

 

ですので、ハンアンコタはALの曲の中でも超オススメの一曲となっております!


ぜひあなたにも聴いてみて欲しいです。


以上、ハンアンコタ良過ぎん??
でした!
これは良過ぎるでしょ。笑

2581字に、愛を込めて。バーイ。