Music House OOZ

音楽をより楽しむためのバンドメディア

誰も知らない天才、kabosnikki

お久しぶりです。やっすです。

最近のマイブームは事あるごとに死にてえって言うことです。メンヘラ。

 

ところで皆さん、kabosnikkiをご存知ですか?

 

多分知らないと思うんですよ。

だってそもそもメジャーなアーティストじゃない。YouTubeの動画再生回数も数百回程度、一般的な知名度はほぼ無いと言って良いでしょう。wikiなんて当然無いし、彼(等?)の情報もほぼ皆無。

分からないことだらけです。

でも、私は自信を持ってこのkabosnikkiを貴方に勧めたいです。

 

好きな音楽の勧めなんて、面倒で疎ましいと感じることも多いです。自分で好きな曲だけ聴いてれば良いじゃんという意見も賛成。そもそも何で人に勧められた曲なんて聞かなきゃいけないのか、それこそ個人の自由だろって。そうですよね。

 

でも、もし聴いてくれたら良いことが起こると保証できます。少なくともフェイバリット・アーティストが1組増えます。そんな"不確実なこと"を保証したくなるくらい、良いです。

 

断言します、確実にkabosnikkiは天才です。

 

疑うのなら是非この曲達を一度聴いてみてくれ。

 

それでは早速、何故そんな考えに至ったのが、お話ししていきましょう。

これから曲紹介を動画やURL付きで始めていきます。面倒だとは思うけど、でもせめて一サビまででいいから、全部聴いてみて欲しいです。

最後まで頼むぜ、よろしこ。

 

グライダー

soundcloud.com

 

王道のロックナンバーです。イントロ、Aメロ、Bメロと徐々に高まってくる高揚感からサビで一気に解放される爽快感。こんなん好きじゃない人のが少ないでしょ。平坦なメロディとたまにみせるフックのメロディの落差が気持ちいいです。Cメロの僕はグライダーとか最高ですね。

そして深読みさせる抽象的な歌詞。ロックはこうでなくちゃいけないですよね。

 

当然手に入んない赤い果実

 

誰もいなくてもいいよ

 

もう触れられない日々

 

から投げやりにも似た諦めを感じます。

こんな前向きじゃない感情が爽快なメロに乗っかってくるから気持ちいいです。

 

カメラ越しの涙

 

ハローグッバイも

 

魔法少年も

 

唐突に出てくる一つ一つのワードセンスも光ってます。聴いてる側の想像を掻き立てられるような言葉選び。

 

といった感じですかね。

kabosnikkiは王道ロックバンドなのでしょうか。

じゃあ次。

 

妖魔の口から

soundcloud.com

 

ん?んん??開始5秒で異変に気付きますよね。さっきとは曲調が全く違う。

めちゃくちゃメロコアやんけ、、!

ゴリゴリのベースにツービートの爽快感がハンパないですよ、、、一体BPM何まで行くんでしょうねこれ笑

すげー良い曲。

でもメロコアにありがちなただキャッチーなだけのメロディじゃなく、kabosらしさのあるフックのあるメロディーとコード進行を使ってるのが憎いですね!

過去の曲なので音質はそこまで良くないですが、いつか再録してもらえるといいですね。余談ですが、この曲の超絶ハイペースのドラムはkabosnikki本人が叩いて録音したらしいです。

 

このジャケットを見る限りはkabosnikkiはギタリストのはずなんですが、kabosnikkiって一体何者なんだ、、、ただの作曲家じゃあなさそうですね。。

 

 

awai

 

www.youtube.com

 

え、??ちょっと待って、、

また全然ジャンル違くないですか??超絶エレクトロニカ。スーパーカーとかGalileo Galileiの前期後期くらい違う。

https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1527844107/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy50Zm0uY28uanAvbG9jay9zdGFmZi9vbmFpci8yMDEwLzA4MDQvaW1nLzAyLmpwZw--/RS=%5EADBUnKaD0DEYHYhN72IhiDE2a_Q3Rw-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUzN1anZucFFqR0xxbUd0UlpRZm43clFObU5FeHBOdVhPWmMwZVhYRUpFWTI0cVRPeFFoTFhVUHcEcANaMkZzYVd4bGJ5Qm5ZV3hwYkdWcElPT0RxZU9DcE9PRGxnLS0EcG9zAzMzBHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp

 この初々しいバンドが

https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1527844107/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3NrcmVhbS5qcC9saXZlcmVwb3J0LzIwMTEvMTIvaW1nL2dhbGlsZW80LmpwZw--/RS=%5EADB2eiSgtbMEKhMU9WUPXMuXMzT5v4-;_ylt=A2RCCzSLuw9bMkoA9AOU3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUjdLYU03dTZacWxnTzBGbmNWd3d6WnJ1enBsYzd1S2J2azRzVHUySkl6ZGFhRFRocU5LdDJvRWE3bQRwA1oyRnNhV3hsYnlCbllXeHBiR1ZwSU9PRHFlT0NwT09EbGctLQRwb3MDMzYEc2VjA3NodwRzbGsDc2ZzdAR0dXJsAw--

http://skream.jp/livereport/2011/12/galileo.php

出典

こうなるくらい違いますからね。キーボード多いやろ。ドラムもクリック音聞くためにヘッドフォンしてるし。帽子にはあえて突っ込まないけど。

こんだけ音楽性変わったら普通バンドも解散します。

 

こんだけジャンル変わるって何なんでしょうね。

このkabosnikkiって一体何なんですか?もし1人だったらこんなジャンルの垣根無視で名曲何個も作るなんて不可能だろうし。1人じゃないのか、グループ、バンド?作曲サークルでメンバー手助けの元生まれた曲をまとめてkabosと呼んでいる?ボーカルだけ共通の音楽集団?でもそうだったらすぐ解散しそう←偏見

全く見当もつきませんね、、、

 

 

でもこれもすごい良い曲なんですよね。

ロックバンドが片手間で電子音入れちゃいましたみたいな曲じゃなく。ガチのエレクトロ。

そんで終わった恋愛を思い出して切なくなるような曲。

 

どれくらい経ったろう 君から連絡が無くなって

 

から始まるとかその時点でエモですよこんなもの。

 

愛想振りまいても

ふざけじゃれあっても

妥協し抱き合っても

忘れてないんだろう

 

サビでこんなエモワードが何度もディレイで反響する感覚が新鮮で、聞き入ってしまいます。シンセサイザーとビートの調和も完璧。

 

女性の恋愛は上書き保存なら男性の恋愛は名前を付けて保存とか言いますもんね。過去の事を忘れようとして、どんなことを試してみたって。男の方はやっぱり忘れられてないんでしょうね。みたいな。知らんけど。これ聴くとそんな切ない感じになりますもん。

 

寝顔がまだ隣に

美化されてんのかな

 

部屋掃除して見つけた君に貸してた寝巻きは

何故か捨てられないんだろう

 

過去振り返って切なくなるとかそんなレベルじゃないですよね。もはやキツい。キツくなってしまうわ。

 

腹ただしくなるほど忘れれないんだよ

 

だってこう歌ってるし。

でも、爽やかなんですよね。浮遊感があって聴いてて気持ちいい。これ多分バンドでやってたらこうはならなかったですよね。マイヘアとかクリープみたいなドロドロ曲になりそう。でもエレクトロだからこんな爽やかに聞こえるんですよ。

そして淡い。awaiだけにね。名曲。

 

 

グッドバイ

soundcloud.com

 

ラストはこのバラードで締めましょう、グッドバイだけに。

名義は牧志コウキとなっていますが、確かな情報源からkabosnikkiが作った曲ということが分かっています。声聴けば分かるけどね。

 

そして本題ですけど、良い曲過ぎない??

高校時代に出会ってたら、卒業式後一人で誰もいない体育館に戻ってこれ聴きたいですよね。したら1年の時気になってたあの娘が入ってきて、うお!と思ったらその隣には彼氏と思しき1年の時のクラスメイト男子が、、、とか。音楽の話しが合う唯一の親友とかが入ってきても楽しいよね。って感じで妄想が捗る。

そんな別れの歌です。グッドバイ。

 

あと一つ君に伝えようとして

覚えているかい

あの娘がくれた貝殻を

 

みんなここを去ってってさ

 

別れの瞬間に直面し、一緒に過ごしてきた日々を回想します。随所にかけられているリバーブが回想感を助長してます。

 

君の好きな味を忘れて

こんな街になってしまった

 

君の好きな味を忘れてってワードが天才過ぎます。忘れるのは、君のことでも君の香りでも君の思い出でもないですからね。君の好きな味。うまい棒かな?

みんながここを去ってって、君の好きな味を忘れるからこんな街になってしまう。なんてさ。

詩人か。

 

そして、

どうかあのまま僕らを繋いでいて

あの線のように

 

で願いを込める。

これが青春と言わずに何が青春か。

kabosnikki、最高ですよ。

 

どうか忘れないといいな

今日はさよなら

 

 

ということで、kabosnikkiの曲を紹介して参りました。

まあつまるところまとめると、様々なジャンルの曲それぞれハイクオリティの名曲として送り出してる、kabosnikkiは天才という話です。

特に僕が尊敬している部分は、どの曲もそのジャンルに則った上で名曲という点。全部名曲ですからね。素人がエレクトロやってるとしたら割と良い曲とかじゃなく、その畑から見ても名曲ってとこ。どの曲もkabosnikkiの味がする名曲になってるとこ。マジですごいです。曲を聴いてくれた人には多分全部伝わったんじゃないかな。

そう、kabosnikkiは最高ですってこと。天才。

俺に言ってくれたらCD貸すからいつでも誰でも気軽に言ってね。

みんなもkabosnikki聴いてみて〜。

そんじゃ、ばーい。