Music House OOZ

音楽をより楽しむためのバンドメディア

凛として時雨を初めて聴くならこの3曲がおすすめ

いるんですよ。

凛として時雨っていう、やばいバンドが。

f:id:kumaido:20180202100446j:plain

引用元: 凛として時雨「サイコフェス」で新曲初披露 - 音楽ナタリー

 

超ハイトーンボイスで歌い、プログレッシブなサウンドをかき鳴らし、唯一無二のスタイルを貫き通す異色のバンド。

 

それが、凛として時雨。

 

最近はタイアップやメディアへの出演も増えたため、見たことや聴いたことのある方もいるかもしれません。

 

そしてこの記事を見てくださったあなたは、少なからず凛として時雨に興味を抱いていると思います。

 

「友達に時雨を勧められた」

「アニメのOPで聴いたことがある」

「ちょっと気になるから聴いてみたい」

 

そんなあなたのために、まずはじめに聴いてほしい3曲をピックアップしました。

YouTubeの動画と共にご覧ください。

 

ちなみに、今回紹介する3曲は、凛として時雨の中でも有名な曲です。

なので「時雨といえばこの曲だよねっ☆」とドヤ顔で語るには、いささか不十分。

 

もしこの3曲から時雨が気になった方は、ぜひ他の曲もチェックしてみてください。

より深く凛として時雨の世界観を味わうことができるでしょう。

 

この記事がそんな世界の入り口となれば幸いです。

ではどうぞ。

 

1. Telecastic fake show

テレキャスの轟音が響く攻撃的なイントロ。

耳に刺さるTKのハイトーンボイス。

瞬間を埋め尽くす圧倒的な音数。

そして"静"と"轟"の織り成す落差の激しい展開。

 

凛として時雨の醍醐味を味わうのに十分な定番曲です。

とにかく、まずはこの曲を聴いてほしい。

 

凛として時雨というバケモノバンドを語る上での重要な要素や、他のバンドと一線を画する理由を感じることができるはず。

時雨の魅力がたっぷり詰まっている、そんな一曲です。

 

ともかくまずは、このTelecastic fake showからどうぞ。

 

2. abnormalize

アニメ「PSYCHO-PASS」1期のオープニングテーマとなったこの曲。

TKがオープニングの長さに合わせて「89秒から作り始めた」と語る*1この曲は、アニメの世界観が曲調や歌詞など随所に投影されています。

 

変態アルペジオと囁くようなTKのボーカルから始まる印象的なイントロ。

複雑に、そして頻繁に現れるキメ。

トリッキーなフレーズが響いたかと思えば、突如現れる静寂。

そして、再び襲いかかる轟音。

 

abnormalizeにも凛として時雨の魅力が集約されており、最強の曲と呼んでも過言ではないでしょう。

アルバム「#4」などインディーズ時代の曲とはまた異なり、洗練された時雨の曲であることは間違いありません。

 

ぜひabnormalizeで時雨のabnormalな情景を味わってください。

 

3. DISCO FLIGHT

符点八分のディレイを使ったテクニカルなフレーズも目立ちますが、注目してほしいのはドラムのダンスビート。

実は凛として時雨の曲には割とこのダンスビートが現れ、時には超ハイテンポで刻まれます。

 

ハイトーンツインボーカル、幻想的なギターエフェクト、高速ツーバスなども特徴的ですが、このダンスビートも凛として時雨の一つの大きな特徴です。

 

ピエール中野のビートを快適なテンポで味わえるのもこの曲の魅力。

TKのシャウトと345のハイトーンメロディが交互に奏でられるサビは圧巻です。

 

ちなみにDISCO FLIGHTのディレイタイムは343msecがおすすめです。

 

ようこそ、凛として時雨の世界へ

凛として時雨を初めて聴くときにおすすめの3曲を紹介しました。

 

でも正直、最初は「うーん...?」ってなると思います。

僕もはじめは微妙な感想でした。

 

そりゃめっちゃ高い声の男性が「ディイィィスコォフラアァァアアァァァイィィ!!!!!!!!!」って叫んでたら、誰でもビックリします。普通引くでしょ。

 

 

しかし、不思議なことに、しばらくすると時雨の曲がまた聴きたくなってしまうのです。

凛として時雨の曲には謎の中毒性があるのでしょう。

 

ハイトーンボーカルがめっちゃ苦手な人は合わないかもしれませんが、じっくり聴けばだんだんとハマっていくこと間違いなし。

 

ぜひ凛として時雨の世界にどっぷり浸かってみてください。