Music House OOZ

音楽をより楽しむためのバンドメディア

初心者ドラマーの知っておくべき必須事項!?~コピーからライブまで~

f:id:morio1345:20180919175840j:plain

こんにちは。morioです。

 

ドラムを始めたときは、訳も分からずコピーをしてライブをやってみると思いますが、
初めに思い描いていたもの違う結果になることも多いと思います。
 
具体例には、音源みたいに音がきれいじゃなかったり、なんとなくグダッていたり。。。
 f:id:morio1345:20180920174109j:plain
 
教則本で改善することもありますが、初めは何を直せばいいのかもわからないのが現実だと思います。
 
自分自身もドラムを始めて約8年経ちますが、そのなんとなくの原因は少しずつ周りから教えてもらいました。
 
しかし、もっと早く知っていれば速く上達できたのに!と思うことも多くありました。
 
 
なので新米ドラマーが早い段階で知ってほしいことをまとめてみました!
構成としては、曲のコピーからライブまでを時系列順に並べてあります。
 
 
対象はコピーバンドを楽しむ初心者・中級者ドラマーなので、上級者やオリジナルをやっている方には当てはまらないことが多いかもしれません。
また、内容は筆者が独断から生まれた事柄も入っていますのであしからず。。。
 

曲のコピー

f:id:morio1345:20180920174136j:plain



音符で理解する

曲をコピーする(覚えて叩けるようになる)には様々なやり方があると思います。
自分もいろんな方法を試しました。
 
曲を聞くだけで暗記してみたり、楽譜に色々書きこんでみたり、擬音語でノートの書いてみたり、、、
でも最終的に落ち着いたのは紙に音符を交えつつ書いて覚える、という方法です。
 f:id:morio1345:20180919175253j:plain
 
譜面に落とすことで叩く際の理解が深まりますし、練習のたびに同じフレーズを繰り返せるので本番で失敗する可能性を少なくできます。
 
しかし、実際の楽譜のように全て書き出すのは大変です。そこで最初はフィルインなどの重要な部分だけ書き出してみるのでも良いかもしれません。
 
 

他のパートをサポートするカウント

 音源通りに曲をコピーするとライブで合わせずらくなることがあります。
 
例えば音源の曲中でキーボードとボーカルだけになる箇所があったとします。
 ライブではそのような箇所は合わせずらいとことがあります。
 
そんな時は雰囲気に合わせてハイハットの4分や2分でカウントを入れてあげるとバンド全体が合わせやすくなると思います。
 
なのでコピーの段階でカウントを入れる場所を把握しておくとスムーズに合わせられると思います。
 

バンド練習

f:id:morio1345:20180919175259j:plain  

ベースと合わせる

通常構成のバンドでドラムと相性が強いのは、ベースです。
曲中でもフレーズが似ていたり同じだったりします。
なのでそこが合うと全体の印象が締まって綺麗に聞こえるようになります。
 
 

他パートのソロでは控えめに

f:id:morio1345:20180920175700j:plain

 
曲中に他のパートのソロ部分がある場合があります。
その際はドラムの音量を気持ち小さ目にすると喜ばれると思います。
 
自分がソロをしてる時に他の楽器に注意が行ってしまっていたら、誰だっていやですよね。
 
 

シンバルとバスはなるべく一緒に

これは初心者のドラマーがやりがちなのですが、フィルインなどでシンバルを叩く際に、シンバルのみを叩いていてバスドラムを踏んでいないことがあります。
 
 自分のライブ映像を見るとわかると思いますが、シンバルだけでは軽い音になってしまうので、シンバルを叩くときはできる限りバスと一緒にすることでシンバルの音をより響かせることができます。
 

 ドラムで他パートを聞くのは難しいので録音を

 
ドラマーは自分自身の音で周りを囲まれているので、他のパートの良し悪しを聞きづらいです。
 
手っ取り早く周りの音を聞くには録音するのが良いです。
自分の音も客観的に知れます。
 
出来ることなら映像で撮ると叩いてる姿も見れるのでなお良いですね。
 

 ライブ当日

f:id:morio1345:20180925150447j:plain

 本番のセッティングは妥協しない

これまで一生懸命練習したのに、セッティングの問題で失敗しまうのはやるせないですよね。

なので本番のセットは完ぺきを目指したほうがいいと思います。

 

例えば、シンバル、太鼓類、椅子の位置と傾き、シンバルやビーターを固定するネジの締りです。

また、他のパートの音を聞くためのモニタースピーカーの音量も気を付ける必要があります。

1つ楽器が聞こえなくなるだけで合わせづらくなることもあります。

 

いくつ具体例を上げましたが、セッティングの時間は限られています。

スピーディに行ってタイムテーブルに影響してしまうことは避けましょう。

 

 

 色々あるけどやっぱり…

f:id:morio1345:20180921104939j:plain

 

ライブを良くするために考えられることは様々ありますが、やっぱり重要なことは当人がライブを楽しむことです。

 

見ている人たちもつまらなそうに叩いてる人を見て、盛り上がらないです。

観客が盛り上がるとそれを見ると、相乗効果でさらにライブを楽しめると思います。

 

 感情豊かにライブを楽しみましょう!

 

最後に

曲のコピー、バンド練習、ライブ当日について、ドラムを始めた人に知ってほしいことをまとめました。

 

今回は色々なまとめたいことを一気に書いてしまったので、説明が足りない箇所が多々あると思います。

なのでもっと具体的に説明してほしい部分があった場合はコメントで教ええいただきたいです。

 

この記事を使ってバンドを楽しんでくれたらと思います。